東方神起など“スターの芸名” 名前にまつわる爆笑エピソード・韓国グループ東方神起の情報サイト

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起など“スターの芸名” 名前にまつわる爆笑エピソード


東方神起、SE7EN(セブン)、チンジュ、ヤンパ、ハ・ジウォン。一風変わったスターたちの芸名は、どのように作られたのだろうか。

タレントはデビュー前に、芸能界で使う名前をつけるためにとても悩む。呼びやすくて1度聞いたら忘れられない名前が必要だからだ。そのためか、芸名にまつわる異色で面白いエピソードは非常に多い。

東方神起は最近、ある番組でグループ名にまつわる愉快なエピソードを打ち明け、注目を集めた。
「最初にグループを考える過程で、“チョンモッコ”(伝説を食べて生きるクジラの略)“五臓六腑”“東方不敗”など、様々な名前が挙がった。この中で“東方不敗”がいいという意見が多く、イ・スマン社長が香港映画『東方不敗』(邦題:スウォーズマン)の監督を訪ね、名前を使っていいという許可までもらった。しかし“不敗”の漢字がイマイチだったため、その後“神起”に変えた」。

歌手SE7EN(本名:チェ・ドンウク)もまた、名前にまつわるエピソードが興味深い。
SE7ENが新人歌手としての一歩を歩み出した当時、ある番組に出演し、そのエピソードを公開した。
「所属事務所のヤン・ヒョンソク社長と、どんな名前を付けるか悩んでいたある日、食堂でソルロンタン(※)を食べている時に、突然ヒョンソクさんが“数字で名前をつけたらどうだろう”と提案した」(※ソルロンタン~韓国の料理。牛の骨や内臓を煮込んだ白濁スープ。)
「いい」と答えてテーブルの上を見たら、不思議なことにお皿の上にカクテギ7個が置かれていたというもの。それで「セブンはどうだ? 」とヤン・ヒョンソクが即興でアイディアを出し、全員が賛成したという。

5年ぶりに帰ってきた歌手チンジュ(本名:チュ・ジン)は、最近行ったアルバムショーケースで、「デビュー当時、所属事務所のパク・チニョン社長が“後々のハムCM(※)のためにチンジュにしよう”と冗談交じりに提案し、そのままそれに決まった」と名前にまつわるエピソードを公開した

(引用:WowKoreaニュース)

 

東方不敗・・・・・・・

これは、いまいちですね。

ほっとしてます。東方神起というグループ名で・・・・

よかった。よかった。
スポンサーサイト
Copyright © 東方神起でGOGO!! All Rights Reserved.

韓国語を勉強して、転職しましょう。韓国企業に転職。転職して新しい人生を。韓国企業は今熱い!韓国企業に転職。


韓国語を勉強して、転職しましょう。韓国企業に転職。転職して新しい人生を。韓国企業は今熱い!韓国企業に転職。

韓国語を勉強して、転職しましょう。韓国企業に転職。転職して新しい人生を。韓国企業は今熱い!韓国企業に転職。

Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。